忍者ブログ
ピキーンとなる街
漫画とアニメの街というと普通は「秋葉原」と連想すると思うのですよ

しかし別の意味で「漫画とアニメの街」が東京にありましてね

それは吉祥寺と三鷹のあたりなんですよ

昨日も打ち合わせでその辺りに行ったんですけど…私はこの近辺に行く場合はちょっと早めに
行って「電影少女」の背景を見て回ったりするんです(あれは三鷹周辺が舞台なので)

ただ、本当に気をつけないといけないのが「この辺りで下手に漫画とかアニメの悪口を言ってはいけない」という事なんですよ

以前に打ち合わせで使用する予定の事務所が来客で使えなくなり、仕方なく近所の喫茶店にいったんですよね~

その際に担当者がよせばいいのに「最近なにか面白いものありました?」って聞いてきたんですよそれでつい私も何の気なしに「映画では○○が良かったですよ~、逆にアニメの○○は最低でしたね~」と言った瞬間に…

まさにピキーンという擬音が聞こえるような感じで店内の空気が凍りついたんですよね~??

何故かそのフロアーにいるお客の3分の1ぐらいが急に私の方を見てるんです、しかも凄く怖い顔で??

えっ、何!?この人たちは何なの!?

と思ったらそのうちの一人が大きな封筒を持ってましてね…そこにはタ○ノコプロと書かれていました…

後別の日に、吉祥寺の駅前でうどんを食べてたんですよ、その時につい…ある青年雑誌の悪口を言ってしまったら…またピキーンみたいな感じで空気が凍りつきましてね…

何でなんだ?どうしてなんだ!?と思ったら
そのうどん屋の前がその雑誌を出している会社だったんですよね~…

本当に「ピキーン」は怖い
ですよ~

後、今は無くなってしまった映画館が変な所で良く昼間っから「クローネンバーグのスキャナーズ」とかやってましてね、「もうdvdが出てるような映画を昼間っから見に行くのは俺みたいなイラストレーター的な自由業者だけだろうな~」と平日の朝十時に行ったら「満席」!?
小さな映画館ではなくて300席ぐらいある劇場が満席!?
「この人たちは何なの?、何で平日のこんな時間にここにいるの!?会社に行かなくていいのですか!!?」と驚いたんですけど…
でもその人たちを見ていると…何か「同族感」といいますか…ああ「仲間なんだな」と感じて
凄く良い雰囲気で見た「スキャナーズ」はもう忘れられない作品ですよ~

「吉祥寺で石を投げると漫画家かアニメーターかイラストレーターに当たる」みたいな冗談格言があるんですけど、これは結構マジなんですよ~。

PR
【2016年10月06日09:34 】 | 未選択 | コメント(2)
<<霊に襲われたら、一応一回は試しに殴ってみるといいよ | ホーム |ボディースナッチャー?>>
コメント
面白くないのは
面白くないのは仕方が無いですね。
作ってる人の気持ちは痛いほど判りますが(笑)。
それにしても、打ち合わせはメールとかではなく実際に合うんですね。
やはりそっちの方が良いですか?

【2016年10月06日 20:45】| | ピラミッドハウス #9a6c66d6ae [ 編集 ]
内容によりますね
.>それにしても、打ち合わせはメールとかではなく実際に合うんですね。
やはりそっちの方が良いですか?

簡単な内容とか、続きものならもちろんメール連絡で十分なんですけど、「新しい内容」とか、「まだ内容が固まっていない」時は実際に会ってブレストみたいな事しながら
アイデアを出していったりするんですよ
【2016年10月07日 08:58】| | 電影工作所 #4d9af6729e [ 編集 ]
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]