忍者ブログ
時間が無いと上手に出来たりする?
私の場合はいつも「時間がある」と失敗する傾向があるんですよね~

イラストでも、漫画でも、全てそうです。
時間が無く「スケジュールを逆算するともうこれくらいしか出来ない!でもその中で何とか最善な物を…」

と考えて作ると、なぜか上手く出来たりするんですよ

多分性格的に「やりたい事が多すぎる」のが問題なんだと思うのですよね~

作品というものは基本、いくらでも作りこみたいですし、作りこめば作り込むほどさらにどんどんと「やりたい事が出てくる」ので、そうなると完成までかなり時間がかかりますし、お客様から見ると内容が「まとまりにくく」さらに「しつこく」なる傾向があるんですよね…自分の経験上だと…

そういう意味では、最新作の「変身ヒーロー、女体改造」完成までを40日で作る
最初に締切を決めてから作ってるんですよ

脚本から、キャラクターデザイン、宣伝用の画像、そして最終的な販売用ファイルを作るまでの創作の全工程で「40日」ですからね、
そうなると私のCG集は基本「18枚以上の基本絵」プラス「数十枚の差分で100枚以上」が基本なので、本当にギリギリなスケジュールで…

とにかく「無駄な物が入る隙間」が全く無くなるわけですよね~

そういう締切がある方が、フリースケジュールでその倍くらいかけた作品よりも何故か作品の出来が良くなるんですよ??…






PR
【2016年11月09日16:52 】 | 未選択 | コメント(2)
<<こういう事が起こるんですね!? | ホーム |もうやめようよ…こんな事…誰も幸せにならないから…>>
コメント
萩原先生タイプ
萩原先生タイプですね。
〆切が無いと永遠に描き込んで終わらない、しかもせっかく描き込んだのに評価はいまいちな感じの(笑)。
やはりポイントを絞って、無駄なものをそぎ落とすのが良い結果を産むんでしょうね。
【2016年11月09日 20:35】| | ピラミッドハウス #9a6c66d6ae [ 編集 ]
それに近いですよ
>萩原先生タイプですね。

そうかもしれません(笑)

個人制作だとどうしても「やりたい物を全て作りたく」なるんですよね
しかしそうすると「自分の満足度」とは反比例するかのごとく
お客様の評価が低くなる傾向があるんですよ~、自分の場合はいつもそうなんです…

労力と評価が反比例する傾向があるんです。そこで考えたのが「自分の手足に自分で重りをつけて縛る」締切システムですね~

作品の質が落ちないギリギリの時間を見切って締切を設定する…

そうすると何故か全部上手く回るんですよね~、不思議なんですけど経験的にはいつもそうなんです!?
【2016年11月09日 23:51】| | 電影工作所 #4d9af6729e [ 編集 ]
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]