忍者ブログ
分かりやすいようで、謎が多いシンゴジラ

私、今日「シンゴジラ」見てきたんですよ。
サラッと見るだけなら分かりやすい内容で、とても面白かったんですけど…

ただ、ずっと見ていくと岡本喜八演じる(?)牧博士という世間を恨んで失踪した科学者が、何やら色々と謎を残していた事が段々と分かり「何なんだろうこの人?」という謎がどんどん広がっていく作りなんですよね~、
こういう分かりにくい謎部分を残す作りはやっぱりいかにもエバンゲリオンの監督が作った感じがしますね。

一回見ただけじゃ分かりにくい(そこを気にしなければ、分かりやすい内容ですが)映画なのかな~と思いますよ。
PR
【2016年08月25日22:13 】 | 未選択 | コメント(2)
<<まさか「新海作品」が大ヒットするとは… | ホーム |もっと早く作らないと…>>
コメント
牧博士が
牧博士が日本に恨みをもって、ゴジラとなり東京を襲ったという事だと自分は推測してます。
だからこそ、ゴジラは何段も進化していったんですよ。
人間→魚類ゴジラ→両生類ゴジラ→爬虫類ゴジラ→ゴジラになったのではないかと推測します。
【2016年08月26日 07:49】| | ピラミッドハウス #9a6c66d6ae [ 編集 ]
そうなんですかね?
なるほど、でも確かに考えれば考えるほどそうとしか思えない展開なんですね~。
あるいは自分が長年研究していた「怪獣の幼体」を自分で東京湾に放流したのか…そのどちらかだと考えると、スッキリと謎が解けますよね~。
【2016年08月26日 08:17】| | 電影工作所 #4d9af6729e [ 編集 ]
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]