忍者ブログ
独自の練習法
私が今現在「売れるエロ漫画」取得のために開発した練習法として
「絵柄」と「表現」を分離して習得する方法を考えてやっているのですよ。

つまりは「絵が良い」作品「エロが過激で良い」作品の模写を混合して同時にやっているのです
具体的には「絵が良い」作品の絵柄をまずは取り入れて、その絵で「エロが過激で良い」作品を再現するという特殊な練習法をやっているわけです。

何でこんな事をはじめたかというと
私が分析したデータによると
「絵が良くてエロ表現が下手」な作家さん
「絵は今一つだけど、エロ表現が上手」な作家さんという2つのタイプ明らかに存在するわけです
そのどちらももちろん「ヒット作家さん」なんですけど

ただ双方とも「大ヒット」はさせられないんですよね。
それは欠落した部分があるからなんですけど、この辺りは実はほとんど意識されていないというかみなさん「己の得意な部分」だけを見て作られているわけですよ

でも「数字」にはしっかり出てるので…

「だったら両方の良い部分を取り入れるための修行をすれば良いのではないか?」というのが単純思考の私の考え方なので、その双方を同時に習得するための練習法なんですよね~
ここまで読まれると多分みなさんは「だったら、良い絵と、良いエロ表現が両立された大ヒット作を模写して練習すれば良いんじゃないか?」

と当然思われると思うのですが…でも私はダメなんですよ。
他の絵を参考にして描くと「見ながらの模写」が異常に得意なので、見ないようにして気を付けていてもほとんど「トレース」みたいな全く同じ絵が描けてしまうのです…
そうなると「練習」してるのか「模写してる」のか本当に自分でもわけが分からなくなるんですよね~

だから「見ながら見れない」「参考にしながらも参考にできない」
しかしそれでも「双方の技術だけが己の手に残る」という独自のやり方を開発しないとダメだった
んです。







PR
【2018年11月18日14:26 】 | 未選択 | コメント(4)
今になって、真剣に数学に取り組んでいます(笑)
いやあね…
ず~っと、DLとDMMの市場でどういうものがヒットするのかを分析していたんですよね~
そうするとどうしても
〇〇であれば、××である。××であっても〇〇であるとは言えない…
みたいなデータが山のようにたまってくるわけですよね…
そしてそれを細かく分類、整理して、どんどん解析していくと…

アレ??

これは…昔こんな事を教わったような?と思い調べ直してみると
いわゆる数理論理学における「集合」の考え方で「必要条件」とか「十分条件」のヤツですよ
ああ~…昔あんな意味の無かったことがまさか今頃になって人生で役立つとは思いませんでしたよ~


あの頃は意味の無い「P→Q」みたいな事で
全く覚えられなかったんですよね~
私は勉強が出来なかったので、こういう意味の無い事を記憶するのが一番苦手だったんですが…

しかし「自分の意志でやる」となると話は違いますからね~
昔は「何でこんな事を覚えなきゃいけないのか意味が分からない」状態だったのが
今は「この技術でヒット作を作り出そう!」という明確な意思があるので
「己の意思」さえあればこの程度の事は簡単にできますよ





【2018年11月15日20:38 】 | 未選択 | コメント(2)
原作の絵が無い強み
アマゾンプライムで見始めたんですよ
「SSSSグリッドマン」というアニメ。
まあ私の中ではグリッドマンといえば懐かしの特撮番組「電光超人グリッドマン」なんでこの新しいタイトルには中々馴染めませんが(笑)

しかし…
「何でこんな古いネタを今頃?」とも思いましたが、ラジオでやっていた裏話によると
版権元の「円谷」が「「グリッドマン」か「アンドロメロス」ならアニメにしても良いよ」という上から目線な事を言ったらしいんですね~

なんでよりによって…そのマイナーな二本…??
多分これにはアニメ化スタッフもかなり悩んだと思うんですよ、
「こうなれば、絵柄だけでも売れ線に全振りするしかない!」
という事になったんでしょうね。

絵を見たらかなり「今風の売れ線」になってますよ。さすがはTRIGGERですね。
こういうのなんですよね、今の売れ線のアニメ絵は。
原作に引っ張られて中途半端に「古い絵」になるアニメが多い中
「原作の絵が無い強み」を生かしたのは、素晴らしいと思いますよ~

【2018年11月07日01:33 】 | 未選択 | コメント(6)
インドの建設株
TVで安倍首相が、インドの首相と別荘で歓談したニュースを見ている時に
この首相がインドでやった事&これからやろうとしている事
の簡単な紹介が出てたんですよ~

そこには「インドの下水道のインフラが遅れている事」などがパッと簡単に紹介されたんですが…
私これを見ていて「インドのこういうインフラ系の株はこれからどんどん上がる一方でしょ?だって高度経済成長に入るんだから」
と思ったんですよ。
そうして調べてみると、まさにそうなりそうな数値がビンビンに出てるわけなんですよね~
日本からはインドの株は直接は買えないらしいので
「ああ…だからこういうのは表にでないんだな~、絶対に儲かるのに」と思いさらに調べるとアメリカのある場所でそういうのと連動した「FTF」というのがあってそれを通せば、直接的な株主にはなれないまでも、間接的には株主になれるらしいんですよ。

日本で簡単に株を買うよりは面倒ですけどね~、でもこれ…多分確実に儲かりますし
面倒でもやる価値はあると思うのです。

ただ日本の株と違って情報が全然入ってこないので、「何を買ったらよいかわからない」のと
「手数料が高い」という二つのデメリットがあるんですね。
だから短期的な取引には向かなくて、長期で儲ける銘柄なんです。

短期的には例えどんな動きをしようが無視して「長い目」で見ると、多分これ3倍以上にはなると思うのです
日本の銀行なんてどうせ利子つかないんだし、日本のお年寄りも余った金があるなら、こういうの買えばいいのにと思いますよ~(証券会社にまかせても、どうせしょうもない株の詰め合わせばかり買わされますよ)
まあでも…こういうのは全部自己責任で自分の頭で考えないと、誰も教えてくれない世界ですし、誰も推奨しない世界なので…しょうがないかもしれませんが…

私はデイトレードとかは全く「投資」とは思わないんですよ。あれはマネーゲームだと思うのです。
でも逆にこういうのは「真の意味での投資」だと思うのですよ。
だからこういうのこそやりたいんですよね~

私はそのうち余裕が出たら、こういうの是非買いたいんです!


【2018年11月04日09:30 】 | 未選択 | コメント(2)
結構見えてきました。
バトルシップの一作目は趣味に走って大コケさせたので、二作目はさすがに真面目に売れる物を作らないといけないんですよね~

それで、毎日市場の数字とにらめっこして
「今DLとDMMの市場でお客さんが確実に求めている物」をじっくりと数字を精査しながら考察してたんです

私は趣味でなくて真剣に物事に対応する場合はとにかく自分のセンスよりも「数字」を信じるので「自分が売れそうだと思うから」なんていうあいまいな部分は一切無視して、
とにかく数値だけを丁寧におっていくんですよね
普段自分は観念論者の部分もあって、割と宇宙の神的存在なども信じてる部分もあるんですが(笑)
しかし仕事に徹する時だけはもう「バリバリの唯物論者」に変身して
株式トレーダーのように数字だけを厳密に追っていく性格なんです

「何故この数字が出ているのか?」「これは再現性がある数字なのか?」「この時期以降に上がる数字なのか?下がる数字なのか?」「上がるとしたらその根拠は何か?」などを徹底的に考えながら分析してみたのですが…
フウ…疲れた…


しかしそこまで徹底的にやると結構見えてくるんですよ
まるで泥の中から砂金が出てくるように、膨大な数字の山の中から
お客様が今市場に求める物が見えてくるんです。
【2018年11月01日11:46 】 | 未選択 | コメント(2)
| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]