忍者ブログ
ピラミッドハウスさんの新作。

本日DL-Siteより、相互リンクサイト「ピラミッドハウス」さんの新作
「彼女が偶然再会した親友のチャラ男彼氏に寝取られ堕とされた」が発売になったみたいですね~

人気のあるNTR(寝取られ)物なので、今だとDL-SiteよりはDMMで受けやすい内容だと思いますよ~
PR
【2017年06月08日20:16 】 | 未選択 | コメント(2)
凄く注目してますよ~!!
この予告編を一月くらい前に見たときに「これはすごいな…」と凄く感心した記憶があるんですよ~


このサークルさんは絵も上手なんですけど、さらに「ジャンル物」という「マニア向け」要素を大量に取り入れてるんですよね~

「丸呑み」「悪堕ち」「催眠」「状態変化」も…と全て入っているので
ある意味、個性的なダシを効かせた鍋にマニアウケしそうな具材をマシマシで入れる五目鍋方式「幅広いマニア層」を一気に取り込むつもりなんでしょうね~

お気に入り数が900」というのも

「メジャー向け」じゃない、こういう「マニア向け」のCG集で出した数値では過去最高クラスだと思うので
これは多分確実に大ヒットすると思いますよ

「入れすぎ」という危惧もあるにはあるんですけど、このあたりのネタは混ぜても結構調和がとれると思うので上手に料理すれば何とか「美味しく」作れると思うんですよね~

「マニア向け要素を全部マゼマゼして入れ込んだこの特盛作品」が売上で「メジャー向け」にどこまで迫れるのか!?個人的に凄く注目してますよ~!!



【2017年06月05日13:30 】 | 未選択 | コメント(2)
情け無用のコンビニエンス過当競争
今日街を歩いていたら、いつの間にかまたコンビニが増えてたんですよね~
しかもその周辺にある同系列の店としては4軒目でさすがに多すぎますよ~

私の中学生時代の友人に親がコンビニを経営していた家庭があったんですけど
その頃はまだその周辺にはコンビニがあまりなかったので、結構儲かっていたらしく

お父さんが愛人を作ったりするぐらい羽振りが良くて、よく家庭がもめてたんですよね~(笑)
そういうのを見ると子供心にも「コンビニって儲かるんだな~…」と憧れる部分があったんですけど

しかし…ここまで来るとさすがにもうダメですよね~、そもそもコンビニって同じチェーンの店が近くに出来たりしたら、後はもう差別化のためには「経営力」でも「商品力」でもダメで「可愛い女子やイケメンをを店員に雇う」ぐらいしか手段が残ってないですもの~
【2017年06月02日17:16 】 | 未選択 | コメント(4)
完全にマニア向けですけど、凄く面白かったです!
ドキュメンタリー映画の「キャノンフィルムズ爆走風雲録」という映画をDVDでレンタルして見てたんですよね~

この映画は「キャノン」というかっては「1.5流」くらいの「B級の上」くらいの位置まで上りつめたアメリカのインディーズ映画会社のドキュメンタリー映画なんです

最初はゼロから出発して大きなビルまで建てて、そして没落してゆく…みたいなそんな流れの内容だったんですけど…
そこから見えるのは「徹底的に観客の嗜好に合わせた低予算映画制作」をしてきた初期から「アート&大作、志向」に走って会社が傾く後期までの流れというか…

この人たちが「2流のやり方で成功」しながら「1流を目指して失敗してゆく姿」なんですよ~

もちろんクリエイターは誰でも「一流の人」に憧れてそういう道に入るのですから、それは当たり前の流れなのですけど、純粋にクリエイターとしての一流になれる力がある人なんて1000人に1人いるかいないかくらいで実際にはほとんどの人は2流かそれ以下なんですよ…

私が見るにこの人たちは「商人寄りの2流アーティスト」なのでそれを自覚しさえすれば極めて失敗しにくい恵まれた才能を持った人たちのはずだったのですけど(だから大きなビルまで建ったわけです)、途中から無謀にも「1流アーティスト」を目指すという「己が見えなくなった」結果が絶頂からの没落になった原因だと思うんですよね、つまりは一時の成功に目がくらんで「自分の能力の限界」を見誤ったことから来る悲劇という風に見えたんですよね~

凄く興味深いドキュメンタリー映画でしたよ~


【2017年05月29日17:55 】 | 未選択 | コメント(2)
こういうのが良い猫なんですよ~
わたくしは子供の頃から常に「犬」と「猫」と一緒に育ってきた人間なので、特に「猫の性格」は一発で分かるんですよ~
今日もペットショップに行ってみていたら、「落ち着かないで常にカーペットをかじる猫」とかいるんですけど、こうい猫は大体そのまんまで「家を荒らす猫」になるんですよね。

今日特に私の目にとまったのは「ロシアンブルー」という種類の猫で「ジーッとしてあまり動かない」ヤツなんですよね~、

こういうタイプの猫は「おとなしい性格」なので、ほとんど手がかからない良い家猫になるのです。

「こいつ欲しいな~」とず~っと見とれちゃいましたよ~
【2017年05月25日19:08 】 | 未選択 | コメント(4)
前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]