忍者ブログ
この曲は好きですね~
私は現在、腰痛を緩和するためにいつも寝ているんですよ

常に寝ているので、睡眠と覚醒の境界があやふやになりがちで…

とにかく「起点」が欲しく
まずその日の朝に目覚めると「ベートーベンの第九」を聞くんですよ
いわゆる「喜びの歌」ですね~

この曲を聴くと「ああ~今日も生まれてきて良かった~!!」という気持ちが盛り上がるのです

人間はやっぱり朝起きて「今日も生まれてきて良かった~!」と叫べるのが最高だと思うのです

PR
【2018年05月12日23:38 】 | 未選択 | コメント(6)
やっと寝ながらの作画が可能に…
私は子供の頃から腰が悪くて、とにかく机に座ったり、胡坐をかいて作業したりする場合…生まれついての集中力で、6時間ぐらいはノンストップで絵を描くなんてのは余裕なんですけど

ハッと我にかえると「腰が超激痛」になっていて、そこからしばらく呻いて寝てるはめになるんですよ…

色々と座り方とかも考えたり、数時間ごとに体勢を変えたりして色々と工夫はしてみたものの、
焼け石に水というか…「このままやってると将来歩けなくなるかも…」
常に不安だったんそです

そこから何とか出来ないものか?と考えて思いついたのが「手塚治虫方式」で、腹ばいになって作業するという形態なんですけど…これもやってみると結構疲れましてね

そうなると「これはもう完全に寝た体勢で作画する技術を開発するしかない」と思いたち、液晶タブレットも
軽くて薄そうなのを選んで買って見たんですよ~

そうして寝ながら描いてみると…まあ…当然ながら手に力が入らず、もう線なんかヘロヘロになってしまうのです。
まあ当然でしょうね、本来こんな体勢で絵を描く人はいないわけですから(笑)

しかしそんな困難にもめげずに、延々と寝て描く練習をしていたら、次第に体がその体勢で絵を描くのに慣れてきて最近ではほとんで座って描いているのと変わらない状況になってきましたよ~

ちなみに、ひとつ前のブログ記事で画像を出した「堕とされた美肉」のイメージ画像は、完全に寝たままで描いた練習用の絵だったんですよ。

これでもう腰の痛みに悩まされる事なく作画が可能になりましたよ~

子供の頃からこれが夢だったんですけど、普通の筆記用具だと「即時のやり直し」ができないので(寝ながら作画は線の方向が定まりにくいので、高速でアンドゥを繰り返すのがコツなんです)
これは夢の技術だったんですけどね、科学技術の進歩によりようやく私の長年の夢が叶いましたよ~!!
【2018年05月12日11:54 】 | 未選択 | コメント(4)
堕とされた美肉
「堕とされた美肉」というのは私が現在描いているモノクロのエロ漫画のタイトルなんですけどね。

白黒漫画というのは絵を色塗りで誤魔化せない素材の味がそのまんま出る「塩ラーメン」みたいなものだと考えるので…結構細かく描いていかないといけないと思うんです
そんな感じで、今回私がイメージしているのは「ヤングジャンプ」あたりにある絵なんですよね~
「何かリアルな絵柄のヤツ」ですよ!?
ただこの手の絵は描きこみが多いので、板タブレットだと凄くキツかったと思うんですよね~

液晶タブレットだからまだ描けますけどね~、本当に買って良かったですよ「XP-PEN」!!

多分板タブレットで描いていたらかなり苦しんでたと思いますよ~(特に髪の毛の桂正和タッチあたりが)
こんな感じなら一日1Pは描けると思うんですけど、ただ…他にも色々仕事があるので
これだけ描いているわけにもいかず…
飛び飛びで描いてって何とか来月くらいには完成させたいですね~
【2018年05月09日16:42 】 | 未選択 | コメント(4)
漫画専門サークル

新作の白黒エロ漫画を描いていて…
「これをレトロスターから出すのはどうなのかな…?」
ふと悩み始めたんですよね~

レトロスターはこれまで全作「カラーの差分付きCG集」で作ってきましたから
今まで見てくれたお客さをまを失望させる可能性もあると思うのです

そういえばレトロスターも作って5年以上になりますからね~
「作品数が多すぎてきたな~」という思いもあるので

ここであえて「漫画専門サークル」を作りたいんですよ~
今ままでの「フルカラーCG集」路線はそのまま「レトロスター名義」で作るんですが

漫画はまた別名義で作ろうかな~と
ふと思ったんですよ~


名前はどうしようかな~と思って「出来るだけ間抜けで馬鹿っぽいヤツが良いな~」
考えてたら、その時たまたま映画の「バトルシップ」を見てたんですよ~

この映画は200億円もかけて「最低映画賞」を獲りまくった映画なんですけど…でも私は「この映画はいつ見ても面白いな~!!」と感心するんです

馬鹿映画に見えて実は脚本はキチンとしていて…それでいて「お客さんを喜ばせる」事だけに全力を尽くした良い作品だと思うのです。

私がこの映画で好きなシーンで、圧倒的な宇宙人の攻撃でボロボロになりながらも戦艦ミズーリに
乗っていた古参兵が「バトルシップが簡単に沈むか!」という啖呵を切るシーンなんですよね~
この映画はストーリーはバカバカしいんですけど、そういうカッコ良いシーンが沢山あるんですよ~

バトルシップはやはり沈まないですからね~

そういう願いを込めて新しい漫画サークルの名前は「バトルシップ」に決まりました~(笑)
【2018年05月01日12:38 】 | 未選択 | コメント(8)
パシフィックリム、アップライジング
見てきましたよ~「パシフィックリム、アップライジング」

これを見て即座にやったのは今描いていたエロ漫画の脚本を廃棄して全面書き直しをしたんです
この映画の…「食い合わせが悪い」という事に気づいて行動なんですよ~

「パシフィックリム、アップライジング」の脚本は凄く「考えに考えられている」
んです、そんな事は出だしの5分見ればわかります
考え抜かれた脚本と正しい映像…なのに…何故か齟齬感が凄い映画だったのです

多分「昔の熱いロボットアニメ」と「深夜にやっている悩んだ感じのロボットアニメ」の中間を狙って頑張って作った映画なんですよ

スーパーロボット大戦をやりたいのは良く分かるのですが…
「これは失敗してるな…」と見ながら感じましたね~

一作目の「怪獣にロケットぱーんち」みたいな単純な良さが消えていて

中途半端な深夜アニメ感が出てしまっていますよ~

そう考えたら
今自分が描いている「寝取られ漫画」もどうなのか?と考えに考えて…

「エロは複雑に考えてもしょうがないのて、思いついた事を適当に書こう」思想に至りました!

速攻で脚本を書きなおして
「エロ部長」が部下の家に来て「奥さん…可愛いですね~」みたいに迫るみたいな内容になったんですけど…

でも…それくらいが良いと思うのです(笑)

悩んで…考えに考えて
「結局それかよ!!」
という馬鹿みたいな結果になりましたが…

でも多分…それくらいで良いと思いますよ~(笑)





【2018年04月30日23:16 】 | 未選択 | コメント(2)
前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]