忍者ブログ
色々な意味で、「ドキドキ」しました~
私、見てきたんですよ「スターウォーズ、ローグワン」

まあ…内容は暗くて、かなり悲壮
そういうのが好きな自分的にはかなり良かったですよ~

スピンオフであるなら、やはり将来的な展開を考えてこういう
「本編」では作りにく「様々な可能性」を考えて作るというのも長期シリーズを作る意味では正しいやり方だと思いましたね

でも正直、こんな重い話からあの「明るいエピソード4」に続くとは中々信じられないものもありますよね~
「エピドード4」がこの映画のラストから続かないといけない設定の為に、結構カッコイイ今風のデザインのキャラクターの服装が無理矢理に
後半どんどんと「ダサい感じ」になり、最後の瞬間にはエピソード4のOPに出てくる警備員みたいなおじさんたちだらけになる所はかなり笑えましたしドキドキしましたけどね~(笑)


後、私しが色々な意味で…凄くどドキドキしたのは「モフターキー総督」が出るシーンですよ~

あのキャラはそもそも「役者さんが死んでます」からね~


生きている人なら画像処理でシワをとったりして若返らせる事も可能でしょうけど
元が無いとなると、後は「過去画像を加工」するか、「似ている俳優の顔を3DCGで変形させたり、合成したりして」作るしかないんですよ

しかもこの映画で、総督は結構な時間出ていて、しゃべったりするんですよね~

何というか…彼を見ているだけでも凄くドキドキしましたよ~

PR
【2016年12月22日22:39 】 | 未選択 | コメント(2)
<<泣いていいのやら、笑っていいのやら…… | ホーム |ピラミッドハウスさんの新作>>
コメント
ローグワンは
ローグワンは見ようかなとチラッと思ったんですが、見送りましたね。
SWは一時の熱が冷めてしまって、まあいいかって感じですよ。
結局自分はマスコミに踊らされてましたね(笑)。
【2016年12月23日 09:02】| | ピラミッドハウス #9a6c66d6ae [ 編集 ]
これはファン向け映画ですからね
ローグワンはスターウォーズマニア向けのファン映画なので、もしかしたら日本ではあまりヒットしないかもしれませんね~
【2016年12月23日 12:51】| | 電影工作所 #4d9af6729e [ 編集 ]
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]